田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

山で迷う ①

スポンサーリンク

4月19日

 今日も、良い天気。

 気温は22℃。 

 今日は、いつものダムのコースではなく、もうひとつの私のランニングコースの方に来ました。

 こちらもダムなんですけど。

 

 ダムをスタートして、30km目指したいと思います。

 こちらの方は、30kmの自分のランニングコースは、まだ作ってないので新しくコースを作ってみたいと思います。

 違うコースを走る事で、ブログに書くネタも出来そうですし。

 こちらの方は、高い山に登れる車道も有るので、坂道トレーニングも兼ねて山の方に向かって走ってみます。

 たぶん途中からは、永遠と坂を走って登らなくていけない様な気がします。

 これも修行と思って頑張ってみます。

 

 

 

 

 走り始めはダムをスタートして、山の裾野に有る道路に沿って走る。

 緩やかな登り坂が続く。

 私の住んでいる近辺では、一番高い山を目指して走る。

 山道(車道)に入るまでに、2ヶ所の集落を通るのだが、もし都会で住んでる人が、その景色を見れば、まるで異世界に迷い込んだ感覚になるのではないだろうか?

 私が景色を見ながら走っても、そんな気持ちに少しなる。

f:id:kodokonorun:20190420115146j:plain

 

 

 そして、いよいよ山道に入る。

 山道に入って走ってみると、思っていたより、上り坂がきつくない

 順調に走り進む。

 山道に入って4km程行くと、右と左に進む分かれ道が。

 右の方は〇〇〇へ、左の方は山頂へ。

 これは迷わず、山頂の方へ、左の方の道に進む。

 上り坂が、きつくなって来た。

 もう走るのが辛い。

   「もうすぐ、頂上へは近い筈だ。」

 そう心に言い聞かせて、走り続ける。

 分岐点から2km程進むと、今度は道が3本に分かれている。

 案内板が無い。

 直観で、真ん中の道を選ぶ。

 真ん中の道に入って直ぐに強烈な上り坂に。

 コンクリート舗装しているのだが、こんな坂、建設重機か自衛隊のジープぐらいしか登れないんじゃないか?

 と、言うぐらいの坂が続く。

    「もう、ムリ!」

残念だが、ここで走るのを止めて歩きだす。

 歩くだけでも、足を動かすのが辛い。

    「あかん!」

 ここで、立ち止まって水分補給。

 また上を目指して歩き出す。

    「げ!」

    「行き止まりやんけ!」

ついにコンクリート舗装の終わりに着いてしまった。

 その先には、登山道らしき道も無い。

    「クソ!」

    「3つに分かれていた分岐点まで戻らなくては!」

 下り坂は走るに走れるのだが、坂がきつすぎて危なくて、まともには走れない。

 分岐点まで戻って、今度は左の道を選ぶ。

 こちらの道は、真ん中の道よりは幾らかは上り坂はマシみたいだが、一度走れなくなった足では、もう急な坂は走る気力は無い。

 歩いて登って行く途中、杉の木が何本も倒れて道を塞いでいる。

 その倒れている杉の木を、またぎながら、潜りながら上を目指して登って行くと、またしても行き止まり。

     「マジか!」

 この道にも、先には登山道らしき道は無い。

 泣く泣く、さっきの分岐点まで戻る。

   

 

 

 

 

 すいません。

 まだ長くなるので、つづくにさせてもらいます。

 そう、迷うのは、これから本番です。