田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

ピンクムーン

スポンサーリンク

4月15日

 ちょっと、間が空いてしまいましたけど、走りに来ました。

 いつものコースで、10km走ります。

 今日も、晴天です。

 気温は18℃あります。

 さすがに、もう雪の降るような寒い気候に逆戻りはしないでしょう。

 このまま初夏に向かって、まっしぐらでしょう。

 たぶん・・・?

   

 

 

 ランニング前のウォーミングアップ、そしてストレッチしながら、ふと空を見上げると、北の空に半月の月が見える。

 まだ、夕方の5時前で太陽が明々と照っているのに、よく月なんか見えるものだと感じる。

 そういえば今朝、中学の同級生から、

    「今週の金曜日はピンクムーンですよ!」

て、言うグループラインが来てたな。

 なんやねん!

 ピンクムーンって!

 ピンクムーンて言う言葉は聞いた事があるけど、名前の通り月がピンクに見えるのだろうと、思われるのだが。

 ちょっとネットで調べて見ると、『ピンクムーン』はネイティブ・アメリカンによる

四月の満月の俗称だってさ。

 そして、この満月を見ると恋愛運が上がるとか、幸せをもたらす、とか言われてるんだってさ。

 56のオッサンには今更、キュンと言うものが無いです。

 すいません。

f:id:kodokonorun:20190416100330j:plain

 

 最近は色々、月の呼び方も有りまして、ピンクムーンやらブルームーンやらストロベリームーンやらが有りまして、昔はそんな呼び方してなかった気がするのですが、昔から知っている人は知っていたんですかね?

 それに月に関して思う事は、やたらと月が大きく見える時が、最近多い様な気がします。

 私が若い時も、夜に月を見ていたと思うのだが、そんなに月が大きいと感じた事は、ほぼ無かったと思うのですが、最近は本当に、

    「月、でか!」

て、思う事が多くて。

 よく夜、車に乗って大きく見える月を見て、家に着くなり嫁に、

    「今日の月、めちゃくちゃ大っき見えるど!」

    「こんくらい、あるど!」

と、手を頭の上で輪を作って。

    「いっぺん、見て来てん!」

と、言うと見に行く嫁、そして戻って来ると、

    「ウソばっかり、そんな無いやん!でも、でかい事はでかいけど!」

 そんな会話を、1年に2,3回する様な記憶があります。

 そんなワケで、月が大きく見える日が多くなったと感じるのは、私だけでしょうか?

 

 

 もうひとつ宇宙のニュースで、4日程前にブラックホールが、初めて撮影されたとテレビでやってましたね。

 私は、ブラックホールなんて撮影なんか出来ないと思っていたのですが、違ったみたいですね。

 だって!光も何もかも吸収してしまうのだから、ブラックホールの形なんか、真っ黒ぐらいしか写らないものだと思っていた。

f:id:kodokonorun:20190416100408j:plain

 でも、違ったんですね。

 よく解らないですけど。

 偉い学者さんが、ブラックホールが撮影されたと言えば、そう信じるしか無いですし。

 宇宙の真実は私みたいな凡人には、計り知れないものです。

 残念!

 

 

 

 

 

 

 ダムの周りの桜は、すべて散ってしまっていました。

 キロ5分10秒ペース。

 私にとっては、ちょうど良い気候でした。

 まだまだ、ボチボチやります。