田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

天皇制について考えてみる。

スポンサーリンク

4月11日

 昨日から、また寒くなりましたね。

 さすがに、もう冬には逆戻りしないと思っていたのですが、関東の方は4月だと言うのに、ヤバイぐらい雪が降って積もってましたね。

 今日は昨日よりは、こちらの方も寒さも幾らかマシにはなっています。

 本当でしたら、昨日ランニングする予定でしたが、あいにく冷たい雨が降っていましたので、今日30kmジョグします。

 今週は、ランニング週2になっちゃいました。

 土、日は用事が有って走れないもので。

 

 

 風は冷たそうですが、思い切ってヤッケは着ないで走ります。

 手袋はします。

 

 

 

 

 昨日の天皇陛下三十年式典のビートたけしの祝辞にはシビレましたね。

 よく、あの場であの祝辞に、おちゃらけをよく入れましたね。

 お笑い芸人の鑑ですね。 

 そして、お笑い芸人でもビートたけしだからこそ、許されているのもあるんでしょうけど。

 テレビ人として見ても、芸人として見ても、いち一人の男の人と見ても尊敬しちゃいます。

 

 

 

 ちょっと、重たい話になっちゃいますけど。

 私56年、生きて来て天皇陛下への考え方が、色々と変遷してきました。

 そして今、天皇制について不思議に思うのと、日本と言う国について考えさせられます。

 

 まず、私が物心が付いた時、家の床の間に昭和天皇、皇后の写真入りの御盆みたいのが飾ってあったのを憶えている。

 その頃は、天皇の意味さえ分らず、

     「誰、だろう?」

と、思ったぐらいで、家族からも詳しく教えて貰った記憶もない。

 小学校に入っても、日本の天皇制については習ったが、自分にとっては、どうでも良い事と何も考えなかった。(もともと、勉強、宿題、大嫌いなクソガキだった。)

 中学、高校も、そして学校を卒業してからも、そこまで深く考えた事は無かった。

 ただ、中学、高校で確実に思っていた事は、 

     「なんで、日本て天皇って、いてるんやろ?」

     「天皇って、人間やろ?」

     「人間やったら、上も下もないんちゃうん?」

     「平等な筈やろ?」

 でも、天皇への世の人々の接し方が、どう見ても、

     「う~ん~・・・?」

 人としての接し方と違うんじゃないかと。

 

 いや、明らかに違うでしょう!

 そんな事を、幼くて溶けた様な脳ミソで考えていました。

 何せ、君が代自体、天皇の事を歌っている唄と知ったのは30歳前だったと思う。

f:id:kodokonorun:20190424102323p:plain





 

 しかし、最近やっと解ってきた事があります。

 

 なぜ?

 私がこれ程、若い時天皇陛下、天皇制について無知だったのか。

 それは、私が幼い時から、つい最近まで日本の世の中が、どっちかと言うと左寄りの考え方が一般的であったのだろうと。

 だから天皇について、学校で議論する訳でも無し、詳しく教えるでも無し、家庭でもしかりで、余程右寄りの考え方の家庭や、代々天皇陛下万歳の家庭でなければ、天皇の事なんて、自分で本を読んだり勉強しなければ解らなかったんだと。

 

 でも最近は、右寄りの考え方の人々も増えて来ているようですね。

 良いのか悪いのかは、皆さん一人ひとり考えてみて下さい。

 

 国会も自民党の独裁みたいになってますしね。

 今の野党は、残念としか言いようがありません。

 

 すいません。

 今日は重たい話になっちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 30kmジョグ、折り返し地点過ぎてからは、かなりの向かい風の中、走って戻ってきました。

 キロ、平均6分ジャストぐらいでした。

 まあ、ぼちぼちとやります。