田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

四国八十八ヶ所巡り7日目

スポンサーリンク

6月3日

  お早うございます。 

 

  残念です。

  体力が60%ぐらいしか回復出来てません。

  足の豆に至っては、40%です。

  今日は、辛い1日になりそうです。

 

  朝食を食べて、民宿の人にお礼を言って出発したのが6時50分。

   体の調子も足の豆の状態も最悪に近い。

      「今日は、走れるのだろうか?」

  民宿 徳増から24番寺、最御崎寺まで約17km 。

  歩いてばかりじゃ、時間がかかり過ぎてしまう。

  少しずつ、体を慣らして行って少し、また少しと走り出す。


  すると、前を行く2人のお遍路さんが。

  速い!

  歩くスピードが速いのだ!

  更に、その前にも2人のお遍路さん。

  これまた速い。

  私、お遍路やってる時は走ってなくても、それなりに速い スピードで歩いているのだが、歩くだけでは追いつけ無い。

  出会うお遍路さん、全てが歩くスピードが速いのだ。

  高知県に入ると、お寺からお寺までの距離が長いので、ユックリ歩いていてはお寺に辿り付けないから、皆んな自然と速く歩く様になったのかな?


  それでも、さすがの私、その速いお遍路さんを走って抜き去って行く。

      「お先に、行きま〜す」

と、挨拶を忘れずに。

 

   そして最後2kmはやっぱり山登り。

       「ヒーヒー、ハーハー」 

  の後に24番寺、最御崎寺。

 

f:id:kodokonorun:20190603221603j:plain 

 

  室戸岬にあります。

 

 f:id:kodokonorun:20190603221644j:plain 

 最御崎寺から降りて行く時、撮った海の風景です。

 

 

  次の津照寺(しんしょうじ)までは最御崎寺から6.5km。

  まだ、いくらか走れた。


  そして、お決まりの最後の登り坂は無かったけれど、お寺の本堂までの階段が!

  斜面がエグい!

 そんなこんなで25番寺、津照寺。

 

 f:id:kodokonorun:20190603221726j:plain

 

  津照寺、参拝終わった時点で走れなくなってしまった。

  次の金剛頂寺までの3.5kmはすべて歩き。

  でも私は道を間違えて車道の方を歩いてしまい、結局は6kmもの距離を歩いてしまった。

  ほんでもって26番寺、金剛頂寺。

 

f:id:kodokonorun:20190603221816j:plain

 

 

  もう、今日は走れないことを悟ったので午後は歩いて10km先の羽根岬の休憩所て野宿しようと決めた。

  明日は、また山登りの参拝。

  本当は、後10km先の田野町まで行きたかったのだが少しでも足を休めたい。

 

f:id:kodokonorun:20190603221852j:plain  

 「アー!海遊びしたいなあ!」と、思った時に撮った写真です。 



 羽根岬に向かって、ひたすら歩く。



 歩くだけだと10kmが限りなく遠い。

 マラソンやランニングしている人の宿命で歩くだけだと1kmも物凄く遠く感じるのである。

  羽根岬に着いた時には、もう体力的にも精神的にもボロボロで東屋に座り込んだら何もする気にならない。 

  そして10分程へたり込んでから、良く良く考えてみると、

     「飯、どなえすんねん?飲料どなえすんねん?」

  そう、近くにコンビニも店も何も無いのです。

      「あかんわ!ここ!」

  それに東屋も屋根とベンチが有るだけで風を遮る壁が無い。

  もうひとつ言うと海に近過ぎるのである。

  波の音もうるさいし、海風も吹いている。


      「時間も時間だが、こりゃコンビニの有る田野町の道の駅まで行かなシャーないなあ。」

  ボロボロの体で、ヨチヨチとまた歩き出す。

  田野町の道の駅に、やっと着いたのは7時20分、暗くなる一歩手前でした。

 

  ここも私含めて野宿している人が3人もいます。

  今日のトータル移動距離、結局49kmも走ったり歩いたりしてました。 

  明日は休日のつもりで超楽な日程にするつもりです。

  出ないと、ボチボチ私、死にます。

  でわ、ボチボチまた明日!