田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

泉州マラソン 情け無くて、がっかりです。

スポンサーリンク

2月17日

  ついに来ました。泉州マラソン当日てす。

f:id:kodokonorun:20190226153325j:plain

 

  なんと、目標タイムより30分ほど遅い3時間40分だってさ!アハハハ…

  まあ、途中で足がもたなくなって、タイムどころか完走もヤバイ状態と思って、スピードを落として、歩くより走るのを続けようと、そしてなんとかゴール。

  ゴールしてからも、体全体の疲れが尋常じゃなくて、もう足から手から背中から脇腹からつりまくり!着替えるのに時間かかりすぎ。

  何で?ゴールした後の辛さが初マラソンの時ゴールした時の辛さと変わらないじゃないかと思うぐらい。      

  もう、1月中にあれだけ走り込んで来たとゆう自信があったのに、「くやし〜い」って言ったら、ありゃしない!

  

  原因はやっぱり前半の飛ばし過ぎか?でも、前半からスピード出さないと、自己記録更新なんて出来ないし、まあ、それだけ自分のレベルがそこまで行ってないとゆう事と、思ってた以上に2年間ぐらいのブランクが響いたのでしょうね。

  あと、もう一つ私にとっては気温が低すぎたのかもしれません。たぶん、20キロ過ぎてからは、ひとつも汗をかいてなかったような気がする。

  そう、寒さには弱いんですよ。ゴールして着替えてからも20分くらい震えてた。((((;゚Д゚)))

  もう2°Cぐらい気温が高かったら、ちょっとぐらい結果が違ってたかも。ちなみに大会時の平均気温は7℃ぐらいだったと思います。

 

 走ってる途中、悲しかったのは、わたしのスタート地点のすぐ近くに気になる人が2人いまして、1人は分厚いトレナーに、ズボンは小学生、中学生がはくジャージとも言えない体操服のようなズボン、おまけに手袋もとても分厚い毛糸の手袋です。

 「どんなけ寒がりやねん!そんな格好で42.195キロ走り切るつもりなん?大丈夫?」そして、見た目がエスパー伊東さん(お笑い芸人)なんですよ。

 そして、もう1人の服装が、なんかそれ夏場に着る普段の服装でしょう。上はポロシャツ、下はどう見ても普通の半ズボンでしょう。そして極めつけはセッタ!ビーチサンダルのようなセッタ!それもゴム底と足の甲をビニール紐で括ってるみたいに見える。実際はそこまで近くで見てないので、はっきりとは判らないのですが、パッと見そうゆう風に見えるのです。これまた

    「大丈夫かよ!」

と思う。それも2人共スタート位置は私と同じBブロック。

 Bブロックにいる人は、だいたい3時間10分~3時間30分ぐらいでゴールする人が多いブロックなのだが、

    「間違ってない?」

と思っていたのだが・・・・・・。

 悲しい事に25キロ付近で私はエスパー伊東さんに抜き去られ、そして35キロ付近でセッタで走ってる人にも抜き去られた。

 大丈夫じゃなかったのは気になる2人じゃなくて私だった。

 

  まあ、また来年です。

 ぼちぼち頑張ります。

f:id:kodokonorun:20190226161032j:plain

 

  

  そして家に帰ってから、毎回泉州マラソン走った後に行っている、近所の温泉に行って疲れた体を癒して来ました。

  今年は疲れ過ぎていて癒しきれなかったけど。

 

 

  3月3日、熊取ロードレースとゆうクウォーターマラソンに出場します。また、明日から3月3日に向けて、ボチボチ走ります。