田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

雨の30kmジョギング

スポンサーリンク

3月30日

 今日は久しぶりに30km走ります。

 かれこれ30km走るのは3週間ぶりです。

 たぶん、熊取ロードレースの後走ってから走ってないです。

 

 今のところ、エントリーしている富士登山競争15kmは別にタイムを早く走るのではなく、あくまで2時間20分までにゴールすれば来年以降の山頂コースに出場出来るので、それ以内にゴールするのが目標です。

 なのでスピード練習はしません。

 普通に計算したら、15kmで2時間20分ですので1kmを9分で走れば2時間15分でゴールできます。

 私、平坦な道なら1kmを5分でお釣りが出るぐらいのスピードで走れるので、1時間15分でゴール出来ますが、そこは富士山の麓、坂ばかりですのでそんなタイムで走れないでしょう。

 実はゆうと、私2年前に富士山に行って来たのです。車でですけど。

 五合目まで、旅行で。

 その記憶からすると、ゴールに近くなればなるほど坂が急になります。

 マラソンやランニングの経験がない人なら、走る事もまともに出来ないような坂が、

それを思うと無駄にスピードをつけて、スタートから勢い良く走ってしまえば最後まで走り切れない、足がもたない、心肺機能が持たない気がします。

f:id:kodokonorun:20190331131551j:plain

 

 

 そうゆう訳で、いつもながらボチボチ走ります。

 最後まで足がもつように、それに無理したら、また足を痛めます。歳も歳なので。

 

 今日は曇りです。

 空模様が怪しい。

   「雨が降って来ないように!」

 

 風も弱めですので、ヤッケなしで走ります。

 

 3月も今日で走り納めです。

 次に走る日は、平成も終わって新元号だと思ったのだが、よく考えてみると、

   「違うやんけ!」

   「4月1日に新元号を発表で新元号始まるの5月1日からやんけ!」

テレビで新元号、新元号、4月1日発表、新元号は何になる!って、そんな事ばっかりやってるから錯覚起こしたわ!

 

 

 

 

 最悪です!

 走って8km付近で本格的に雨が降って来ました。

 帰ろうかと迷うが、このまま走って帰っても雨が降り続けていたら8kmの道のりを、ずっと雨に打たれながら走らなければいけない。

 それなら、後22km走るには2時間以上かかる訳だから、そのうち雨が止むのを期待して、このまま走ろうと決めた。

 ただ、この雨の中をずぶ濡れになりながらランニングしている私を、車に乗りながら見る人は、きっとこう思うであろう。

   「この雨の中、頭狂ってるんちゃうか?」

 そう考えたら、ちょっと恥ずかしいのだが、もともとマラソンやランニングしない人からしたら、マラソンを趣味にしている人そのものを変人と思っていると思うので、あきらめた。

f:id:kodokonorun:20190331131710j:plain

 しかもなんと、この雨の中ランニングしている人1人とすれ違った。

 同じような人がいたと、心の中でちょっとホッとした。

  

 15kmの折り返し地点を過ぎた所で、やっと雨が止んでくれた。

 

 

 

 久しぶりの30km、ジョギングペースで走ったのに、やっぱり最後は辛かった。

 やっぱり週1ぐらいでコンスタントに走ってないとダメみたいです。

 キロ6分15秒ペースでした。

 まあ、ぼちぼちやります。