田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

四国八十八ヶ所巡り28日目

スポンサーリンク

6月26日

  山の緑に包まれた気持ちの良い朝です。

 

  おはようございます。

  4時50分起床。

 

  前日の空き家の善根宿といい、今日の遍路小屋といい、これを野宿とは言わないでしょう。

  無料で宿泊しているってだけで、ノジュカーにとっては待遇が良すぎます。

 

 

  そして今日も出発準備を整えてから、部屋のお掃除です。

 

  部屋の中に小さい掃除機も置いていたので、それも使って一階だけ(2階ロフトも有ります。)ある程度、念入りに掃除しときました。

  外にある洗面台の所は昨日使った後に拭いて綺麗にしときました。

  後、トイレも基本自分が使った所は掃除しときました。

 

  お遍路さんが、こうやって少しずつ手を入れるだけで、こう言う施設がチョットでも長持ちしてくれたらなと思います。

 

 

 

  さあ〜!

  6時40分、  出発です。

 

 

 

  当然、私の泊まった遍路小屋のすぐ近くなので、6時45分に到着。

  82番寺、根香寺(ねごろじ)。

 

 f:id:kodokonorun:20190626232928j:plain

 

f:id:kodokonorun:20190626233007j:plain

 

 

  実は言うと、山門をくぐって境内までの階段を登っている途中、右脚のふくらはぎに強烈な痛みが!

 

  お寺の境内に上がってから、10分念入りにストレッチしておきました。

 

  もう四国に来て1ヶ月、毎日一日中走ったり、歩いたりしているので、もう両脚に疲労が溜まって来ているみたいで、結構脚のあちこちに痛みが出て来ています。

 

  どっちにしろ2〜3日で、お遍路も終わる。

  すべて(バックパック、高級ばんそうこうの枚数、お金などなどなど)に置いてそうだが、まだチョットだけもってくれ!

 

 

  次の83番寺へ山降り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodokonorun:20190626233125j:plain 

  朝から、こんな草まみれの山道を走って降ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodokonorun:20190626233228j:plain

 

 

f:id:kodokonorun:20190626233305j:plain

  街中に貼ってくれてる道しるべシールです。

  もっと何種類も有ります。

  ちゃんと貼ってくれてたら良いのですが、古くなったシールは剥がれていたり、破れていたり、矢印が消えていたりするので、なかなか厄介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  お腹が空いて、走れなかったので思ったより、時間が掛かった。

  83番寺、一宮寺。

 

f:id:kodokonorun:20190626233538j:plain

 

 

f:id:kodokonorun:20190626233620j:plain

 

 

 

  一宮寺を出て、すぐ有ったうどん屋さんに飛び込みました。

  あまりにも、お腹が空いている感覚だったので、うどん3玉分頼んじゃいました。

 

  このうどん屋で1人の男性のお客様さんから、

        「お遍路さんやってんの?」

        「ずっと、通しでやってんの?」

        「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛」

        「これ、お接待」

と言って1000円と名刺を頂きました。

  

  本当言うと現金をもらうのは、チョットと思うのですが、基本お接待は断れないので

        「ありがとうございます。」

        「すいません、頂きます。」

と、言って私の納め札を渡しました。

 

  四国のこのお遍路さんに対しての、お接待制度。

  私の様な臆病者には、チョット怖い様な気もします。

      「ええんかな?」

      「ホンマにタダで?」

      「納め札に私の住所も名前も書いてるし。」

的な事も頭の中をよぎります。

 

  そうは言っても、四国はお遍路さんの行く所そこらじゅう名前、住所、年齢を書いた納め札まみれですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodokonorun:20190626233814j:plain

  お腹が空いてて飛び込んだ、うどん屋です。

 

 

 

 

 

 

 

  ずっと街中を10kmも歩き走らされ、やっと着いた。

  84番寺、屋島寺。

 

 f:id:kodokonorun:20190626233929j:plain

 

f:id:kodokonorun:20190626234011j:plain

 

 

f:id:kodokonorun:20190626234040j:plain

 

  この屋島寺、最後の1.5kmの上り坂のキツイ事、キツイ事。(ちゃんと舗装はされてる。)

 

   屋島寺でお参りが終わってから、今日の寝床を検討。

  ウ〜ン!86番寺、志度寺の近くまで行きたい。

  別に野宿でも良いが、志度寺近辺には野宿スポットが無い。

  野宿スポットが有るのは、この屋島寺近辺なのです。

 

  そう言う事で、志度寺近辺の富士屋旅館さんに決定。

        「  到着時間が遅くなると思います。」

と、伝え食事無しで頼みました。

 

  料金を訪ねると、結構な値段でしたので料理が、また豪華な品数出るだろうと思い食事断りました。

  1日中、歩いたり走り回ったりした後に、そんな料理沢山食べれないっす。

 

  今は慣れて、だいぶ食べれる様になりましたが、名西旅館 花さんの時と、民宿 徳増さんの夕食めっちゃ残しましたからね。

  せっかく見事な料理作ってくれてるのに申し訳ないです。

  そして、その考えは正解でした。

  富士屋旅館さんは、同じ建物内で料理屋もやっておりました。

 

 

   そんな事より、時間が迫って来ました。

   次の85番寺、八栗寺まで距離にして6km弱だが今いる屋島寺の山を降りて街中走って今見えてる向かいの山を、また登らなければいけないのである。

         「こりゃ〜!下手したら昨日の二の舞いや!」

  ボヤボヤしてたら、17時前になってしまう。

  15時10分に慌てて出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodokonorun:20190626234336j:plain

 

 

f:id:kodokonorun:20190626234437j:plain

  今いる山を降りて目の前のあの山をのぼるのです。

  何でも、源平合戦した場所らしいです。

   

 

 

 

 

 

 

 

  昨日の夕方と同じで走った、走った。

          「ヒー、ヒー、ハー、ハー!」

  走れる場所は下り坂、上り坂関係なく走った。

 

 

 

 

 

 

  自分でも、びっくり!

  キツイ上り坂も1km以上あったのに、丁度1時間で到着しました。

  85番寺、八栗寺。

 

 f:id:kodokonorun:20190626234608j:plain

 

f:id:kodokonorun:20190626234653j:plain

 

 

 これで、ロウソクも線香も出来る。

  (時間が16時30を過ぎると、殆どのお寺が片付けに入っているので、ロウソク、線香をさせてくれない。)

 

  ユックリお経も上げられる。

  そう思っていたが、やっぱりもう片付け始めるのね。

 

  ロウソク、線香を片付けるのはまだでしたけど、あまり普通の参拝には関係なさそうな所から片付け始めた。

  私の近くでゴトゴトやられたら、やっぱり気持ち焦ってしまう。

 

 

  

 

f:id:kodokonorun:20190626234856j:plain

  あの山の頂上から、こちらの山の頂上まで来た訳ね。

      「1時間って、我ながらスーパーマンやなあ。」と、思ってみたりしてみた。

 

 

 

  今日の寝床は先程も書いた通り、志度寺手前の富士屋旅館さんです。

  たぶん、旅館に泊まるのは今日で最後になるでしょう。

 

  88番寺まででしたら、明日1日で回れると思います。

 

  しかし私はまだ1番寺に御礼参りしますし、徳島港まで走り続けるつもりです。

  徳島港まで、距離的に1日では絶対ムリなので四国には、もう少しだけいます。

 

  今日のトータル移動距離、42kmでした。

 

  明日は雨みたいです。

  何か台風来るみたいな事もネットニュースに書いてました。

  チョット心配。

 

  気持ち良い布団でボチボチ寝ます。

  お休みなさいませ。

  では、ボチボチまた明日。