田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

凶暴な犬と凶暴な犬を噛む男 ②

スポンサーリンク

4月3日

 今日は気温が低いですけど、空は日本晴れです。

 4月になったとゆうのに、昨日のプロ野球、楽天ー日本ハム戦はえらい雪が降ってましたね。

 

 

 今日は、いつものダムには来ましたが、いつもの練習コースじゃなしに山道コースを10km走ろうと思います。

 でも山の中を走るんじゃなく、より坂道の起伏の多い道とゆう事です。

 7月の富士登山競争の為に、少しでも坂に慣れる為です。

 ランニングスピードは気にせず、当然ジョギングペースで。

 

 

 

 

 それでは前回の、凶暴な犬の話、続けさしてもらいます。

 

 ある日、私がその凶暴な犬と散歩に行った時、最悪な出来事が起こりました。

 その日は、実家から2時間かけて少し離れた山まで散歩に行きました。

 本当に、滅多に人も来ない山の中なので、1度リードを首輪から離し自由に山の中を走り回らせました。(ちょっとでもストレス発散させてあげようと。)

 その山で30分程が経ち、もう帰らないと日も暮れてくると犬と一緒に帰路に着きました。

 その帰ってる途中、油断していました。

 

 もう20分で実家に着くとゆう道路で、

 

 犬が急に勢いよく走りだした!

 

 私の手からリードが離れた!

 

 勢いよく走る犬!

 

 そして、その道路の先のカーブに消えた犬!

 

 私は慌てて、犬の後を追った!

 

 そして犬が消えたカーブの先で見えた光景は!

 

 なんと!

 実家の犬が、散歩に来ていたチワワの後足に咬みついている光景だった。

 

 当然、チワワの飼い主さんも、びっくりしておののいている

f:id:kodokonorun:20190404174527j:plain

 私は、焦った。

 早く、この凶暴な犬とチワワちゃんを離さなくては、チワワちゃんが殺されてしまう。

 実家の犬の頭を叩きながら、

     「コラ!コラー!ボケー!離せー!」

って言ってみても、興奮していてビクともしない。

 足で2,3回蹴っても咬んでる口を離そうとしない。

 

 この時点で、私はかなりテンパっていた。

 どうしたら?どうしたら?

 

 最後の手段!

 私は、実家の犬の頭に噛みついた。

 そう私は、虫歯の無い普通の人より噛む力の強い人間だ。

www.kodoku.work

  私の、最終攻撃方法だ。

 しかし、犬の頭の皮は分厚くて、おまけに良く弛む。

 私の最終攻撃も、左程効かなかった。

 

 結局、しょうがないので直接、自分の手を犬の口の中に入れて上あごと下あごを広げて、やっとチワワちゃんから離すことができた。

 

 チワワちゃんの飼い主さんも自分のチワワが他の犬に襲われるのを見ておののき、その犬の頭に噛り付いているオッサンを見て、より一層おののき血の気も引いていた。

 

    「すいません。すいません。本当にすいません。もし、病院に行かなければ

   いけないようであれば、」

と、私は、私の実家の兄の名前を伝えときました。(私の実家の近所の人なので。)

 

 そして、チワワちゃんとチワワちゃんの飼い主さんと別れてから、その凶暴な犬に私が、お仕置きをしたことは言うまでもありません。

 謝っときます。

 今なら、間違いなく動物虐待です。(バイキングの坂上忍さん、どうかニュースにしないで下さい。)

 でも、今でも私が田舎に帰ったら、めっちゃ喜んでくれるし、お腹を見せて服従のポーズもとってくれるし、仲良く2時間散歩に行ってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 山道コースを走ってみると、山深い所は山桜が満開でとても綺麗でした。

 走りながら、目の保養もさして貰いました。

 ほんとに。

 平均キロ6分35秒でした。

 今日は、結局15km走りました。