田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

凶暴な犬と凶暴な犬を噛む男 ①

スポンサーリンク

4月1日

 今日から4月です。

 新元号も決まりました。

 令和らしいですね。

 ちょっと私にとっては、予想外でした。

 予想外って言っても、別に予想してた訳ではないんですけれど、ってゆう字がどうしても冷たいとゆうイメージがあるので、

   「へーえー・・・!」

ってゆう感じがしただけなんですけど。

 

 

 今日も曇りです。

 そして風も強そうですし、気温もそれほど高くないので、またヤッケ着てはしります。

 今日も、いつものダムにはウォーキングに来ている人、犬の散歩に来ている人が多そうです。

 でも、最近の散歩に来ている犬さん達は小型犬が多いですね。

 そう思って見ていると、いたいた中型犬を2匹を連れてい、ご家族を。

 

 我が家にいるひきこもりも当然、中型犬です。

www.kodoku.work

 

 

 私の生まれ育った田舎の実家にも、中型犬を1匹飼っております。

 私は実家に帰った時には、欠かさずその犬と散歩に行きます。

 ですがですよ!

 その犬が、なかなか凶暴な犬でした。

 今は去勢して、その凶暴さも幾らかはマシにはなったのですが、まだある程度は凶暴です。

 その去勢していなかった頃の、その犬と私に起こったエピソードを書かしてもらいます。

 

 この話も、10年ぐらい前の話です。

 もともと、その犬はミックスだと思いますが、どうやら猟犬の血が混ざっているらしく、狩猟本能が強いようでした。

f:id:kodokonorun:20190402104859j:plain

 見た目は、そうですね。

 高倉健さんと渡瀬恒彦さんが出演していた南極物語のタローとかジローとか、そんな雰囲気がある犬です。

 そんな犬ですので、朝夕散歩に連れて行ってもらっているのですが、普段は家の外に鎖で繋がれて飼われています。

 そして田舎ですので、鎖に繋がれている犬の近辺まで猫やら狸やら含めて、いろんな動物が寄って来るのです。

 たとえ、そんなに近くまで来なくても、そこは犬ですんで気配で判るんだとおもいます。

 しかしながら、鎖で繋がれていますから、それらを追って狩りができないのでストレスが溜まるんだと思います。

 しょっちゅう、人間を含め動物が近くにいる気配がしたら、よく吠えてます。

 

 人に対しても凶暴で、鎖で繋がれているから大丈夫ですけど、気に食わない人が近づくと襲いそうになる。

 

 ちなみに私の嫁、襲われそうになる!

 私の長男、咬まれる!

 私の長女、襲われそうになる!

 私の次男、咬まれる。

 私の姉の次男、咬まれて手を3針縫う!

 近所のどっかの猫(ノラ猫かも?)、咬み殺される!

 私、散歩の途中に油断していたら、2回、山の中に引きずり込まれる!

 挙句の果てに、毎日ご飯をあげている私の実母に犬が機嫌が悪い時、唸り声をあげる始末です。

 

 そんな凶暴な犬でも、私と私の兄には従順でした。

 たぶん、私は1ヶ月か2か月に1回ですけど、散歩に行く時は何時間も掛けていたのと、私の兄は毎日、散歩に連れて行ってあげてたからでしょう。

 

 すいません。

 まだ話が続くんですけど、話が長くなるので次回のブログに引き続き書きます。

 

 

 

 

 

 ダムの周りの桜も、ほぼ満開です。

 キロ5分20秒のペースでした。

 それでは、ぼちぼちやります。