田舎育ちのオヤジが走る走る

田舎生まれで田舎育ち、そして移り住んだ所もちょっと田舎、そんなおやじがマラソンに目覚めて、毎日ではないけれど適当に走りながら思った事を書いてみました!

富士登山競争にエントリーしました。

スポンサーリンク

3月19日

 今日も3日ぶりに走りに来ました。

 天気が悪いです。

 かろうじて、雨が降ってない感じです。

 午前中は、結構降っていたのか地面は濡れているし、水溜まりも所々出来ている。

 きょうも、リハビリがてらに10kmジョギングします。 

 

 

 昨日夜9時に、富士登山競争にエントリーしました。

 何日か前から、この大会をネットで調べていたのですが、なんとこの大会エントリーするのも大変らしく、エントリー受付が夜9時から始まって、もう夜9時20分過ぎにはエントリー受付終了しているらしい。

 おまけに、夜9時からエントリー受付が始まった瞬間に日本全国からエントリーしたい皆が一斉に手続き始めようとするので、エントリー申請画面まで繋がらない現象が発生するらしい。

 そうゆう情報を仕入れていたので、パソコンの前に8時50分にスタンバイ、ランネットにログインして、エントリー画面でエントリー準備中ボタンをすぐにクリック出来るようにして待機。

 ついでに、スマホも同じようにして待機中。パソコン、スマホどちらか先にエントリー申請画面に繋がった方で申請手続きをしようと。 

runnie.me

 

 9時になる。

 まずは、パソコンとスマホの準備中ボタンをクリック。

 すると、

    「ただいま大変、混雑しております。」

との待機画面。

 何回も、何回もカウンターが30秒から1秒へ、そしてまた、30秒から1秒へ。

 パソコンもスマホもその繰り返し。

 

 5分ぐらい経った頃、パソコンの画面が変わった。

 よし!

 手に持ったスマホを捨てて、エントリー申請作業を始める。

 エントリー申請が完了する前に、エントリー受付が終了してしまったら、どうしよう思いながら、なんとかエントリー完了。

 

 私が、エントリーしたのは五合目までの15kmコース。初めての人は五合目までのコースしかエントリー出来ないらしい。

 山頂までのコースに出場出来るのは来年以降です。

 でも今年の、五合目コースで2時間25分以内のタイムで走らないと、山頂コースに出場させて貰えないようです。厳しい大会です。

f:id:kodokonorun:20190325120245j:plain


 

 これで少しは、マラソン練習のモチベーションが保てます。

 

 前から、一生に一度ぐらいは富士山に登って見たかったのですが、なんか近頃は物凄く富士山に登るのも混雑している見たいで、おまけに外人の方も沢山登られてるようで、あんまり有り難味がないなあと。

 それならばと、富士山には走って登ろうと何年か前から、この大会はチェックを入れていたのです。

 今の状態では、山頂コースまで辿り着けるか怪しいものですが挑戦してみます。

 

 

 

 今日は、キロ5分50秒ペースで走れました。

 足の痛み違和感は大丈夫みたいです。走り終えた直後は両膝に少し痛みが有りましたが、ストッレッチした後は痛みも無くなりました。

 まだまだ、ボチボチ走ります。